ブログ

2020-08-05

~WITHコロナ時代のオフィス~レンタルオフィスやコワーキングの活用方法【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ServiceOffice Wの吉積です。
 
本日はWithコロナ時代のオフィス!
レンタルオフィスやコワーキングスペースの活用方法【後編】です。
  前編はこちら

〔活用方法〕
①レンタルオフィスをコアオフィスとして利用する
②レンタルオフィスをサテライトオフィスとして利用する
③テレワークの拠点にコワーキングを利用する
④商談や打合せの拠点にコワーキング・貸会議室を利用する

 

③テレワークの拠点にコワーキングを利用する 

在宅勤務やテレワークの仕事場として自宅やカフェの代わりに
コワーキングスペースを利用してはいかがでしょうか。
 
新型コロナウイルス感染症流行に伴う緊急事態宣言後、
急速に多くの企業でテレワークが導入されました。
外出自粛の要請もあり、テレワーク導入企業のほとんどの方が在宅勤務を経験したと思います。
 
ご自宅でお仕事に集中できましたか?
 
かわいいお子様やペットに邪魔をされたり、ついつい家事に手を付けてしまったり
共働きの場合は互いに仕事の電話がしにくかったりと
何かと作業が中断することが多かったのではないでしょうか。
 
また、集中できないのでカフェに行くという方もいるかと思います。
 
困ったことはありませんでしたか?

 
カフェは座席の指定や確保ができず、毎回空席があるかどうかは分かりません。
また、セキュリティ上もよくありませんし、カフェ代もちりも積もれば何とやら。大きな出費です。
 
サービスオフィスWのラウンジはビジネス専用のコワーキングオフィス
会員制ですので当日に満席で座れないことやお仕事の邪魔が入ることはございません
 
また京町家をイメージしたラウンジには長時間座っても疲れにくい快適な家具を置いています。
ダブルには自宅のような快適さと、自宅にはない執務環境があります。
 
さらに十数種類のドリンクはすべて無料です。
カフェさながらの充実したラインナップで毎日通っても飽きがきません。
 
自宅やカフェでのテレワークに限界を感じた方は一度お問い合わせください。
法人でも個人でもご契約が可能です。

 

④商談や打合せの拠点にコワーキング・貸会議室を利用する 

都道府県をまたぐ移動が自粛傾向にあったり
クライアントが自宅や事務所での商談にナーバスになっているなど、
新型コロナウイルスの影響を受けて会議や商談はリモート環境が推奨されています。
 
しかし、実際はネットワークトラブルで接続できなかったり
リモート環境が整っていないお客様がいたりうまくいかないことも。
 
そんなお客様がレンタルオフィスの会議室やラウンジオフィスを
商談や打合せのスペースとしてお使いになっています。

 
コワーキング会員(月額25,000円/1名)になっていただくと、
会議室が会員ページから簡単に予約できて精算は実績に応じて月単位でまとめて振込。
都度の会員登録や支払いが必要ないため
業務が非常に簡便で、利用実績の管理のしやすさも魅力です。
 
さらに、一般の貸会議室にはないこんな利点も!

★待ち時間や終了後など、ビジネスラウンジが利用できます!
★来訪者様へ提供するドリンクももちろん会費に含まれています!
★受付が来訪者様をお迎えするため、待ち合わせが簡単です!
★リーズナブルな価格設定!会議室は15分500円~  

効率的な業務の遂行にサービスオフィスダブルが貢献します!
コワーキングやシェアオフィスを新しい選択肢に加えてみませんか?

JR京都駅から地下道を通り徒歩5分
好立地に1名から専用個室が持てるオフィス
ServiceOffice W 京都駅前
京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735 京阪京都ビル8階
Tel: 075-341-5556
Mail: info@serviceoffice-w.jp


 

CONTACTお問い合わせ

京都駅前初のサービスオフィス。
内覧・見学を電話・メールにて随時受付中です。
お気軽に見学にお越しください。

TEL
ServiceOffice W本部連絡先
075-341-5556075-341-5556
お気軽にお問い合わせください